私のぎっくり腰の体験談と予防法

当時私は、特別養護老人ホームに勤めていたこともあり、介護の仕事の影響で、もともと腰痛持ちにはなっていたのですが、当時ストレス解消として休日に少しだけパチンコに通うことがありました。

 

たまたまパチンコで大当たりを出して、その大量のパチンコ玉のドル箱を持っていこうと持ち上げた瞬間に、今まで経験したことのない痛みに襲われ、それが原因でぎっくり腰になりました。立っているのもやっとで歩けないので、電話で親に迎えに来てもらい、病院に行き、数日間仕事を休んでベッドで寝て過ごすハメになりました。

 

これぐらい持てるだろうという軽い気持ちから持っただけでなってしまったので、自分ができそうだと思っても、重いものを持つときは無理をせずに小分けして持ち上げたほうがいいです。腰痛持ちでなくても、誰でもぎっくり腰はなりうるものだと思います。

 

幸い、私は1人暮らしではなかったので生活できましたが、ぎっくり腰になってしまえば、本当に寝たきりになるので、1人暮らしの人は特に注意が必要です。