円座の腰痛防止クッションもあります

通勤時間も長く仕事柄、首の痛みや腰の痛みがあるので、腰痛防止のクッションを探しています。車の洗車用品やコーティング剤の通販などで探したりしているのですが、なかなか気に入ったものが見つかりません。腰痛防止のためのクッションにはいろんな形があります。それこそメーカーによって形はさまざまなので、好きな形の腰痛防止クッションを選ぶといいでしょう。好きな形といってもそれはとても大事なので、あまり妥協しないで好きな形のクッションを選ぶといいですね。

なかには医者が考案した腰痛防止クッションもあります。医者が考案しただけのことはあり、腰痛持ちだけでなく痔の痛みが辛い人や出産後の骨盤の開きやゆがみにも使えるようです。

こういうクッションは円形が多いです。円形で真ん中に穴が空いているドーナツと同じ形をしています。円形のクッションは正面が決まっていないので、さっと置いてさっと腰掛けることができます。

面倒くさいことが嫌いな人には特にオススメです。円形なのでフックなどに引っかけて収納することもできます。こういう腰痛防止クッションを円座クッションと呼びますが、円座クッションは昔からあるので知っている人も多いことでしょう。

また、以前私は、特別養護老人ホームに勤めていたこともあり、腰痛持ちだったことと、介護の仕事の影響でストレス解消として休日に少しだけパチンコに通うことがありました。

たまたまパチンコで大当たりを出して、その大量のパチンコ玉のドル箱を持っていこうと持ち上げた瞬間に、今まで経験したことのない痛みに襲われ、それが原因でぎっくり腰になりました。立っているのもやっとで歩けないので、電話で親に迎えに来てもらい、病院に行き、数日間仕事を休んでベッドで寝て過ごすハメになりました。

これぐらい持てるだろうという軽い気持ちから持っただけでなってしまったので、自分ができそうだと思っても、重いものを持つときは無理をせずに小分けして持ち上げたほうがいいです。腰痛持ちでも腰痛持ちでなくても、誰でもぎっくり腰はなりうるものだと思います。

幸い、私は1人暮らしではなかったので生活できましたが、ぎっくり腰になってしまえば、本当に寝たきりになるので、1人暮らしの人は特に注意が必要です。

 

PR|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|ショッピングカート|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|英語上達の秘訣|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|初値予想|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|お家の見直ししま専科|